オススメリンク

相続のことでお困りなら大阪の|相続税専門センター

相続税の計算やシュミレーションは早めにやっておきましょうね【スマート相続】


ややこしい相続税申告のこともこちらならスピーディーな仕事をしてくれるのでおすすめですよ。全力でサポートしてくれるのでありがたいですよね。

相続税のご相談なら京都で有名なこちらに|京都相続支援センター

アーカイブ

カテゴリー

不動産の算出

相続税の計算は、まずは相続する財産をお金に換算する計算から始まると言っていいでしょう。
そもそも「遺産」というのは、すぐに数値化しておしりに「円」を付けることが出来るお金の形をしているとは限らず、そうでない形をしているものはお金に換算しなければならないのです。

例えば、最近では特に多くなっているのが不動産という形で遺産を残すというパターンです。
土地や家屋などの不動産の、「産」は財産の「産」です。土地や家屋もまた、その価値を金額に換算して「円」を付けることが出来るものなのです。

不動産をお金に換算するのは、普通に家を買ったり土地を売ったりするときとは違う計算式が必要になります。
不動産会社で行われる計算とは違った基準で、土地は換算されるのです。
「評価額」というのが、換算されて数値化された不動産に付く名前です。相続の場合に適用される、「財産評価」というやり方によって算出されるのがこの「評価額」です。
商品として不動産会社が行う計算方法とは違った基準で割り出される額なので、このことについてもその道の専門家に相談すべきでしょう。
税理士や、不動産鑑定士といった人たちがそれに当たってくれます。

基礎控除額

相続税の計算をする際に、最初に考えるべきことは「基礎控除額」というものです。
基礎控除額とは、税金に関する定めの中にある、免除される額のことです。

相続税という単語だけ聞けば、あらゆる遺産相続には税金が発生するのかというイメージがあります。しかし、必ずしもそうであるとは限らないのです。
遺産が一定の金額の範囲内であれば、そこに税が課せられないのです。
そういうわけで、相続税には計算して納めなければならない場合と、計算した結果、納めなくても良い場合があるのです。

税理士事務所などに行って相談してみると、もっと詳しいことは分かります。

相続人と遺書

相続税の計算や、分割協議を行う相続人は、法定相続人で限られるわけではありません。
民法上は配偶者や子、両親や兄弟といった人たちが順々に法定相続人になっていきますが、被相続人(故人)の遺書に指定されていた人も、相続人として名を連ねることが出来ます。

亡くなる人がその遺志を書にしたためる遺書は、民法よりも上位に位置する決定意志を持ちます。
特殊な場合ではありますが、もし遺書に「指定した人物以外には遺産を譲らない」と書かれてあれば、基本的にはそのとおりに遂行されることになります。
ただし、法定相続人には、法律上、自分が受け継ぐことが出来る最低限の割合の物だけは、裁判所への申し立てをすれば受け継ぐ権利を与えられています。

遺産相続のこと

遺産相続を行う場合には、相続人は、被相続人から継承した相続分の財産に関して、相続税の計算をしなければなりません。
しかし、自分で計算するのはなかなか難しいので、税理士や銀行による算出サポートのサービスが利用されているのです。

ところで、ここで言う「相続人」や「被相続人」とは誰のことを指しているのかを説明しましょう。
被相続人とは、相続される遺産を遺した人のことを指します。故人のことです。「被」という字には「何かをされる」という意味が込められています。
この場合は、「相続される」という意味になるわけです。
それに対して相続人は、遺産を相続する人を指します。法律で決まっている相続人は「法定相続人」と呼ばれ、被相続人の配偶者(夫、妻)と彼らの子どもがそれに当たります。
もし、配偶者や子どもがなければ、故人の両親や兄弟が法定相続人となります。このようにして、親等(法的な縁が近い人)から順に、法定相続人となっていくのです。

遺産相続が滞りなく行われるためには、相続税に関する手続きも必要ですが、法定相続人の間できちんと納得のいく話し合いが行われなければなりません。
遺産の分割協議という話し合いを経て、協議書がまとめられ、異を唱える人がいなくなったとき、遺産相続は完了するのです。